2008/01/13

ゲッチョ(こと盛口満氏)と安田守氏

今年の冬は、わりと暖かいのかなと思っていたら、そんなことはなく、シンシンと冷えていて、庭にくる鳥達も、羽を膨らませ枝にとまっています。



日中はミゾレが降っていた昨日、池袋ジュンク堂書店へ向かいました。
寒いけれど気分はウキウキ。恩師であるゲッチョ(こと盛口満氏)と
安田守氏のトークセッションがあり、この日を心待ちにしていたのでした。

開始前にお二人に会うことができ、ご挨拶。約20年振り、というのが
不思議でした。超満員の会場で始まったお話は、相変わらず面白ドッキリな内容で、安田氏は「虫の学校」(虫フンをテーマに)、盛口氏「骨の学校」(骨いろいろ)というものでした。

テーマについてはもちろんのこと、両氏が考えてきたこと、
今考えていること、ちょっとしたお話にもジーン、としてしまうのは、なぜだろうと考えていました。自分の仕事、生き方、好きなこと、それらに真っ直ぐに向かい合ってきたからこそ見えること、感じられることを滲ませているなぁ、と思いました。

ホワイトボードの前に立ち、自慢のお宝品(虫フンやジュゴンの骨など)
を手に説明する姿は、自分が当時、中学生で、毎回ワクワクしながら聞き入っていた日々を思い出させてくれました。大人になった自分でも、ワクワクする授業(?)に感謝。今でも私は、お二人の生徒なんだな、って思っています。好きなことに正直に、励んでいこう、という意欲をいただきました。安田氏の本「昆虫コレクション」。それと、ゲッチョからもらった日本最大級のドングリ「オキナワウラジロガシ」。大きい!








2008/01/08

2008年も、よろしくお願いいたします。

寒中お見舞い申し上げます。
新しい年が始まりました。皆様のお正月はいかがでしたでしょうか。
あひろ屋は昨日から営業を再開致しました。
年末はギリギリまで仕事があり、大掃除はそこそこ、おせち、年賀状書き、新年のご挨拶…と日々が目まぐるしく過ぎていきました。
お正月は準備の段から、楽しく気持ちが華やいだ分、過ぎてしまうと
寂しくなりますね。

毎年「今年こそは!」と目標設定に燃えるのですが、今年は
日々の小さな目標と、その実行を繰り返す一年にしてみたいです。

仕事(あひろ屋)では、昨年あたりから少し立ち止まって考えるようになり、今年はその答えを出していく一年になりそうです。
おかげさまで、5月には7周年を迎えます。8年目に入る今年は見直しをしたり、基本的なことを再確認し、続ける意味を見つめたいと思っています。
2008年も、よろしくお願い申し上げます。

「注染+バリ島植物染め」販売中。

毎回、包みを開けるのが楽しみな「注染+バリ島植物染め」手ぬぐい。今回も、とても いい色合いでした。 今回分は、5月にバリ島へ渡る友人に託したもので、その後 染められたものを、別の友人が8月に持ち帰ってくれました。(その友人へ渡すために、別の方がウブドの工房からピックアップしてく...