2010/12/29

今年も、ありがとうございました。

今年も無事に営業を終えました。本当にありがとうございます。
1月から読み返してみたら、いろいろなことがありました。タイミングを逃して書けなかったことの方が多かったような気もします。お知らせといいつつも、個人的なつぶやきが多いページをご覧くださり感謝しております。

好きな手ぬぐいを作り、それを買ってくださる方がいらして、自分も生きている、ということが、どれだけ恵まれていて幸せなことなのか。しみじみと感じます。

「2011年は10周年です」と年賀状に書きながら、10年も続けさせてくださった皆さまが支えてくれたんだ、と感謝の気持ちを新たにしました。

かけだしの、まだ『鉄瓶』柄一種類しかなかった時代に、ご注文をくださった方々。会社に通いながらの二足のわらじだった私を、励まし続けてくれたお店の方々。これからも、地道に歩んでいきたいと思います。どうかお見守りください。



畑の収穫。「みやま小かぶ」と「大野紅かぶ」。間引きをまじめにやらなかったので、形が不ぞろいですが、味は抜群!浅漬けやお味噌汁に入れて、いただいています。葉も漬物にしていますが、いいお味です。



 
それでは皆さま、どうぞよいお年をお迎えください。

さて、おせち料理の続きをがんばります!

2010/12/22

暮らしや気持ちに寄り添える手ぬぐいを。

冬至を迎えると、もろもろのことが、底を打ったような気がしてしまいます。一陽来復。
ベランダの水仙はぐんぐんと伸び、侘助が咲き始めました。


さて、先日発売の『天然生活』の中で、赤木智子さんが当店手ぬぐいをご紹介くださっていました。その頁に載っていた写真は、使い込まれて、色も褪せ、くったりとした手ぬぐいたち
でした。もう何年も、大切にお使いくださっていることが一目でわかり、じ~んとしてしまいました。

展示会の時などに、お客様がご愛用の手ぬぐいを見せてくださることがあります。色褪せて、少し汚れていても、愛おしい、とおっしゃっていただくと、なんとも言えない感謝と喜びがこみあげます。暮らしや気持ちに寄り添える手ぬぐいを、これからも作っていきたいです。

 


 
Kageこと、稲蔭一道くんから、いただいたカレンダー。彼の撮った美しい写真と、一年を過ごせるのはいいなぁ。

2010/12/13

10年前の今頃、鉄瓶のいたずら描きから始まったのでした。

畑に行くと、ブロッコリーもカリフラワーも、キャベツも大きくなっていました。あの残暑厳しい頃に植えてしまった苗だったので、長い道のりを水を運んだり、根元に藁を敷いたり。ずっしりとした重みを両手に抱えると、そういった日々が一瞬思い出され、でも私が手をかけたのはほんの少しで、あとは土と太陽と風と雨と、自然が育ててくれたんだなぁ、とありがたい気持ちになりました。
遅れて蒔いたホウレンソウも本葉が出ていて、じっくり育っていきます。葉もの野菜は寒さにあたって、美味しさがひきしまっていくよう。季節とともに、畑での愉しみは廻っていきます。

2010年を少しずつ振り返る日々ですが、今年は、また畑を始めることができた、というのが何よりでした。春、移転したことで庭を失い、これからは淋しいなぁ、と思っていたら、畑に出逢いました。こんなふうに、暮らしでも、仕事でも、流れがあって、ちょうどいいタイミングで出逢っていくことを、実感した一年でもありました。(不思議に、多くの方と再開できた年でした。)



毎月新作を出す!と豪語していたのに、それは叶わず、来年の目標として また掲げます。
いよいよあひろ屋も10周年の年です。と、いうことは、10年前のちょうど今頃、2000年の12月に、私は「鉄瓶」のデザインを思いつきました。その時はちょっとしたイタズラ描きでしたが。
そこから始まって、10年後の今。柄も増え、大勢の方に支えられて、仕事として続けられています。あの頃は、雨漏りのする風呂の壊れたアパートに暮らすOLでした。10年後なんて、想像すらできない状況でしたが、デザインを考えるのが楽しみで、いつもいろいろと描いていました。
ここから先、10年後、20年後のことはわからないけれど、今までのように、出会いや流れを大切に、力を抜いて進んでいけばいいのかな、と。その時々に感じて描いた柄を、手ぬぐいなどカタチにできますように。

咲き定まりて

「注染+松煙染め」手ぬぐいですが、第二弾も染め上がり、サイトにアップしましたところ、あるお店からご注文をいただきました。 まだ数量を多く作れていないので、卸販売は来年から、と思っておりましたが、扱いたいと思ってくださるお店があるようですので、在庫のあるものは、販売してまいります...