2011/04/06

売上寄付のご報告

本日、都内はソメイヨシノが満開になったそう。我が家のまわりは桜の木が多く、窓からも素敵な眺めになっています。数日前から、朝のひとときはカメラを持って近所を散歩することに。仕事もあるので、どこかへ出かけるのは難しく、日中も発送作業で追われるため、このひとときが勝負!同じように、カメラを首から下げたオジサンとすれ違い、会釈。桜が咲いて、いてもたってもいられないのは私だけではないようです。



その桜の季節に間に合い、発売することができました「桜」手ぬぐい。長い間、品切れ状態でご迷惑をおかけ致しました。どんな桜がいいのだろう、と長い間 考えていたのですが、新しい「桜」は、地色と染め色が桜色の濃淡で、かわいい色合いです。動きのある花びらのデザインで、長さは通常より10cm長い、100cmです。

そして、おなじみの「海月」手ぬぐいに新色登場です。日中の明るい海の中のイメージ。
爽やかな空色です。



「蓮花果托」は、以前より少しだけ果托の色が焦げ茶になりました。染めるたびに、微妙な色変更をお願いしている私。職人さんには本当に感謝しております。



さて、不定期にページを更新している「ワケあり品セール」ですが、先日、その売上を全額、震災のための募金に、とサイトにてお知らせしましたところ、数日で完売致しました。4月1日、社会福祉法人中央共同募金会へ送金させていただきました。
内訳: ¥735×29枚=¥21,315
ご注文をいただいた際、皆様からは沢山のメッセージも頂戴いたしました。私も一緒に励まされました。本当にありがとうございます。

あまりに大きな災害でしたので、被災地の復興は長い時間がかかってしまいそうです。長く寄り添い、思い続けることが大切かもしれません。




最近、午前中にシメという鳥がベランダ前の木にやってきます。冬鳥、あるいは漂鳥、と言われていてもうすぐ旅にでてしまうのかもしれません。ずんぐりとしていて、くちばしの立派な鳥が鳴いているので、気になって仕方がありません。望遠のカメラではないので、あまりよく撮れていませんが、こんな鳥です。(色が薄いので多分メス。) 住宅地なのに、来てくれて本当に嬉しいです。





  

咲き定まりて

「注染+松煙染め」手ぬぐいですが、第二弾も染め上がり、サイトにアップしましたところ、あるお店からご注文をいただきました。 まだ数量を多く作れていないので、卸販売は来年から、と思っておりましたが、扱いたいと思ってくださるお店があるようですので、在庫のあるものは、販売してまいります...