2013/06/24

望雲さんでの個展、無事終了です。

望雲さんでの 『あひろ屋の染めたもの展』 は無事終了いたしました。暑い日や雨の日もありましたが、多くの方にご覧いただけたましたことを、とても嬉しく思っております。
お越しくださった皆さま、支えてくださった全ての方に、心より感謝申し上げます。
 
福岡から戻ってからの日々は、とにかく仕事仕事仕事 … というかんじで、あまり振り返る余裕もなかったのですが、ここへきて、そういえば面白かったなぁ、美味しかったなぁ、と、ふわり、ふわり、と旅の間の出来事を思い出しています。

望雲さんでの展示会初日、心躍る出会いがいくつもありました。ワクワクした気分のまま、夜は 「チェロとピアノの音楽会(徳澤 青弦 × トウヤマ タケオ)」というライブに皆さんと出かけました。本当に素敵でした。心に沁みました。その後「千翠」さんでまた美味しいものをいただきつつ、楽しい時間を過ごしました。ご一緒した能楽師さんの笛の音が心地よかったです。

福岡の街を歩いていると、今月解禁になった長法被をお召しの方をちらほら見かけました。もうすぐ博多祇園山笠です。いつか、お祭りの時期に滞在してみたい。
 
翌日も、お客さまや友人との楽しい語らいがあり、時間があっという間に過ぎてゆきました。その日、その場所で会えるということ、それが本当に尊いことであると感じました。
今回、私がお店番に遅刻したことで、お目にかかれなかった方々のこと、日程があわず
またいつか、とご連絡をくださった方々のことを おもっていました。
 
福岡最後の夜は、友人Kさんと。楽しい楽しいひとときでした!
(この夜の様子はこちらのブログで。)
 
3年前と同じように、福岡を離れる日の朝は大濠公園のまわりをブラブラ。次はいつ来ることができるのかな、と惜しみつつ、空港へ向かいました。




(大濠公園にて。気になる木!)
 


2013/06/19

福岡から戻りました。


福岡から戻り、昨日から通常営業に戻りました。
ネットショップ休業期間中は、ご迷惑をおかけしてしまいました。

望雲さんでの二日間のお店番は、とても楽しく、大勢の方との出会いと再会がありました。前回もそうでしたが、福岡の方々の温かいお気持ちにふれていると、元気がわいてきます!お世話になった皆さま、本当にありがとうございました。私は戻ってきましたが、展示会はまだまだ続きます!




 
毎年、この季節は慌しいのですが、梅仕事ははずせません。今年の梅酒は日本酒(純米原酒)で作りました。飲み頃が待ち遠しいです。


2013/06/08

もうすぐ、望雲さんでの個展が始まります。


毎日が飛ぶように過ぎていきます。望雲さんでの個展まであと一週間。第一便を発送し、これから追い込み準備です。私も初日と翌日はお店番の予定。3年ぶりの福岡はとても楽しみですが、日々の発送作業が少しずつ遅れていることもあり、ここからの数日が勝負!と感じております。

望雲さんの展示では、手ぬぐい、風呂敷、扇子に加え、「手作り ひなや」さんとのコラボグッズも並びます。先日、こちらのページでご紹介の 「鍋つかみ(兼 鍋敷き)」、そしてコースター、髪ごむ、くるみボタン。どれも、部分的に難があって商品にできなかった手ぬぐいを活用したものです。小さな生地も、職人さんによって染められた布ですものね。





写真は「髪ごむ」ですが、くるみボタンとして、バラ売りもする予定です。手ぬぐいの微妙な色合いのボタン、見ていると楽しい気持ちになります。


少し難のある手ぬぐいの再活用、といえば、『植物染め』手ぬぐい。
ちょっとしたシミ、柄のブレなどで商品にはできなかったものの、手ぬぐいとしては特に問題のないものばかり。地色を染めることで、それらの難が目立たなくなりました。ひたすら丁寧に、じっくりと染めた手ぬぐいです。


『植物染め手ぬぐい』は、昨年の広島のライフスタイルさん、神楽坂のラ・ロンダジルさんに続き、福岡では初の展示ということもありまして、はりきって様々な植物で染めました。下の写真は、刈安(かりやす)で染めた時のもの。洗っている時、干した直後のものです。



 

望雲さんでの展示は、6月15日(土)から始まります。詳しくはイベントのページをご覧くださいませ。

咲き定まりて

「注染+松煙染め」手ぬぐいですが、第二弾も染め上がり、サイトにアップしましたところ、あるお店からご注文をいただきました。 まだ数量を多く作れていないので、卸販売は来年から、と思っておりましたが、扱いたいと思ってくださるお店があるようですので、在庫のあるものは、販売してまいります...