2013/12/29

今年も、ありがとうございました。

ひたすら手ぬぐいを検品して、切って、畳んで、シールを貼って …、朝から夜まで、いや夜中まで、という日々。夏はこういう日が多くありますが、真冬には珍しいので、今が年の瀬であることを忘れそうです。(でも、少しずつおせち料理も作っています。今年は品数多くは作れませんが、やはりこれ抜きに年は越せません。)

作業をしていると、今年のことを様々思い出します。
この年末に、発送で大きなミスをしてしまい、いたたまれない気持ちもあり、あぁすればよかった、こうしておけば、という反省ばかり。周りの方々に助けられたり、励まされたりすることも多く、相変わらず支えられての今なのですね。

来年は「さらに頑張ります!」という気合ではなくて、余白、隙間といいますか、連結部分の ”遊び” のようなものが、もう少し持てればいいな、と思いました。そのために必要なことは、なんだろう?知らずに執着していることを、ひとつずつ手離すことかな、と考えてみたり。自分をひろげていけるような努力を、さらに、続けることが必要なのかも。

モノを作る仕事をしながら相反するようですが、そんなに多くのモノはいらなくて。
心から好きなもの、好きなひとが作っているもの、心がこもっているもの、それがあれば嬉しくなるような、なんとなく温かい気持ちになれるようなもの、そういうものを大切に使ったり、楽しんだりしたい、と。あひろ屋の手ぬぐいもまた、そういうものであるのだろうか、そうであってほしいけれども、と思っています。


今年も、あと僅かとなりました。
お世話になっている方々や、このページをご覧くださっている皆さまに、心より感謝申し上げます。
どうぞ、よいお年をお迎えください。

2013/12/24

今年も暮れてゆきますね。


ネットショップは一時休業中。とはいえ、年末はご指定日もの、お店からのご注文が多く、発送作業が続いております。二つのイベント準備はまだこれから。(段々と焦り始めています)

年明けすぐに始まるイベントは、和雑貨 翠さんの15周年記念展示会。そして、汐留ミュージアムさんでひらかれる「メイド・イン・ジャパン 南部鉄器」展。(会期中のミュージアムショップに、手ぬぐいを並べていただけることになりました。)
寒い季節ではありますが、皆さまのご来場をお待ちしております。





友人からすすめられて、先日観にいきました。「キューティー&ボクサー」。篠原有司男さんと、乃り子さんのドキュメンタリー映画です。ふとした時に、映画のシーンや つぶやかれた言葉が蘇ります。






そして、今年もお世話になった黒ペンたち。版下はいつも、これらのペンで描いております。来年も、いい柄が描けますように。



2013/12/06

「綾杉」を発売。そして様々なことが動き出す師走。



新作の「綾杉」手ぬぐいへの、沢山のメッセージやご注文をありがとうございます。

綾杉 … 日本でも古くからある文様。
ずっと気になっていたモチーフで、描いていると色が浮かび、染めのことを考え、8年ぶりに抜染の技法にも挑戦したいな、と思い始めてからは幅や線の太さを調整して描きました。版下を受け取った染め屋さんから 『これは賭けですね』 と言われ、染め上がりを見るまではとても不安でした。しかし、染め上がった手ぬぐいは(抜染なので色が入りづらい部分もありますが)想像どおりの素敵な手ぬぐいでした。私にとっても挑戦でしたが、挑んでくださった染めに関わる皆さまに感謝しております。

 
今週はその発送に追われつつも、打ち合わせやご挨拶などであちらこちらに出かけました。
川越では友人と染めの打ち合わせのあと (これも楽しみな話なのですが、またいつかご報告できれば。) 「ギャラリー うつわノート」さんへ。小嶋亜創さんの器展がひらかれていました。




そして、新しいお取引先の「3552食堂」さん。埼玉県富士見市、東上線鶴瀬駅が最寄です。いよいよ来週グランドオープン。みずみずしいお野菜と、玄米を使ったフレンチのお店です。この日は不思議な出逢いもあって、興味深いお話をうかがうことができたり、刺激的な一日でした。





12月に入ったとたん、いろいろなことが速度を上げて進んでいるようで、あせる気持ちもありますが、ここはじっくりといかないと。
先日よりお知らせしておりますが、イベント準備や出店がありまして、年末年始はネットショップを休業いたします。3週間以上もお休みするのは、もしかして初めてかもしれません。ご迷惑をおかけいたします。


2013/12/01

まもなく新作手ぬぐい「綾杉」を発売いたします。

ご近所の街路樹モミジが美しかったのは先週のこと。燃えるような色に、道行く人は皆、見上げていました。わずか一週間で、だいぶ葉も散ってしまい、もう12月なのですね。



 
まもなく新作の手ぬぐい 『 綾杉 』 を発売いたします。本当は今日あたりに、と思っていたのですが、もしかすると今夜~明日あたりになってしまうかもしれません。何かと慌しい月末月初。そして、来月に向けての新作版下も描いておりまして、昼も夜もないかんじです。お待たせ中の皆さま、もう少々お時間をください。

41柄目となる 『 綾杉 』 のこと、いろいろ思い入れもあって、それは少しずつ書いていきたいと思います。新しい手ぬぐいが目の前にあるというのに、次の柄のことで今はいっぱいいっぱい、という複雑な気分。版下に向きあっている時は、仕上がりや時間的な不安などが沢山あるはずなのに、なんとなく幸せで、でも苦しくて、高揚感の中で
新しい柄を迎えにいくような、そんな日々です。

咲き定まりて

「注染+松煙染め」手ぬぐいですが、第二弾も染め上がり、サイトにアップしましたところ、あるお店からご注文をいただきました。 まだ数量を多く作れていないので、卸販売は来年から、と思っておりましたが、扱いたいと思ってくださるお店があるようですので、在庫のあるものは、販売してまいります...