2015/09/24

手ぬぐい「縞市松」に新色 ”鳩羽色” が加わりました。

先日、写真を載せていた色見本は、このたび新発売の「縞市松(鳩羽色)」のものでした。彩度が低い色同士の重ね染め。そんなリクエストにも こたえてくださった職人さんに感謝です。






秋のイベントは、DMが出来上がったり、詳細情報が公開されはじめています。また あちらこちらで、皆様にお目にかかれることを楽しみにしております。詳しくは、イベントのページをご覧くださいませ。これから、都度情報を載せてまいります。






手ぬぐいも秋色の柄に ご注文が集中… 。
日本人にとって、”季節とともにある” ということは自然なことで、手ぬぐいのほか、生活用品には季節を映すものが多くありますね。


今年はいろいろと見直していることが多いのですが、在庫管理についても季節を表す柄は、その季節に…と思っています。

扱う柄が増えてきたこともあり、季節はずれになり、 あまり動かない柄を保管するよりは、季節先取り気味に新作を描いたり、在庫を厚くする方がいいのかな、という発想なのですが、まだしばらくは、様子をみながら考えていきたいと思います。




先日、写真家セバスチャン・サルガドのドキュメンタリー映画を観にBunkamuraへ。( 原題:The Salt of the Earth ) 彼の息子さんとヴェンダースによる監督作品で、気になっていました。美しい映像と、込められた強い思い、様々なことを巡らせつつ、観ていました。






 

2015/09/06

可愛いスタイなど。

一昨日、近所でヒガンバナが咲き始めていました。少し早いような。どこからか キンモクセイ(ギンモクセイかも) の香りも漂ってきていて、やはり早め。残暑はどこかへ行ってしまい、いきなりの長雨など … 不思議な気候です。


最近は、来月から、またイベントが始まるため、準備や仕込み、その前に片付けたり、自身のメンテナンスなど。
先週は、新柄を描きあげました。46柄目が来月にはお披露目できそうです。在庫につきましては、今までは欠品の柄をなくす方向で頑張っていましたが、柄数、色数が増えてまいりましたので、今後は季節に合わせ、製作や発注をしてまいります。
(「岩燕」は在庫がわずかとなりました。次回はツバメが渡ってくる季節に入荷予定です。) 

 
色見本づくり。ぴったりな色合いには染まらないものですが、一応、希望としてお伝えするために。





浦和の日本茶喫茶&ギャラリーの「楽風」さんでは、ゴールデンウィークの頃から、多くの柄の手ぬぐいを展示販売中ですが、あと一週間ほどで終了いたします。
楽風さんとあひろ屋のセレクトで、季節に合わせた柄をご提案させていただきました。春の名残、梅雨、初夏、盛夏、秋の訪れ …と移ろう季節と手ぬぐい、いかがでしたでしょうか。多くの方にご覧いただいているようで、本当に嬉しく思っております。






このかわいいスタイは、和雑貨 翠さんプロデュース、手作りひなやさん製作です。生地は当店の手ぬぐい「折紙」柄。贈り物などにいかがでしょう。販売は翠さんのサイトにて。




  


5月に、四ツ谷のイベントでお世話になったクマンマンさんは、先日 平塚で展示会をひらいていました。(11月は川越の CAFE ANTI さんでひらかれるそうです。ドーナツほか、美味しすぎるお店 … )相変わらず愉快な品々が並び、面白かったのですが、その日はもう一つ、楽しみにしていたことが。
海辺を歩くこと!久しぶりに海を眺めたいと思っていました。小さい頃、よく連れてきてもらっていた湘南の海です。この日は台風接近中とサメの影響で、遊泳禁止となっていました。でも、潮風を浴びて砂の上を歩けたことで大満足。いい一日でした。





 

咲き定まりて

「注染+松煙染め」手ぬぐいですが、第二弾も染め上がり、サイトにアップしましたところ、あるお店からご注文をいただきました。 まだ数量を多く作れていないので、卸販売は来年から、と思っておりましたが、扱いたいと思ってくださるお店があるようですので、在庫のあるものは、販売してまいります...