2016/07/05

望雲さんの3回目の個展、無事終了いたしました。

急に真夏のような陽気になり梅雨が明けたのかと思いました。すると今日は10℃も気温が下がり、肌寒い。発芽したばかりの小豆のことが、ふと心配になりました。
台風も接近中、どうぞお気をつけくださいませ。




さて、ご報告が遅れましたが、福岡の望雲さんの個展は無事に終了いたしました。
いろいろな挑戦を、多くの方にご覧いただけて嬉しかったです。三年ぶりの福岡でしたが、懐かしい方たちとの再会、はじめましての方たちとの素敵な出会いに感謝しています。いつも、温かく迎えてくださる望雲の皆さまにも大変お世話になり、いい刺激をいただきました。受け取った宿題のようなものを抱えて、またコツコツと歩き始めたところです。(展示の様子は、イベントのページにてご覧いただけます。)





 

福岡では、お取引先の「木と星」さん(大野城市)、「かさのや(てのごい家)」さん(太宰府)にもご挨拶にうかがいました。長いお付き合いなのに、お店に伺ったのは初めてでした。どちらも素敵に手ぬぐいをご紹介くださっていて、そして お店の方とお話できたことがとても嬉しかったです。

木と星さん。




 
てのごい家さん。




 

さて、イベントや家族のことなどで、臨時休業を繰り返していて、ご迷惑をおかけしております。来週はラ・ロンダジルさんの個展、そして、3ta2 galleryさんでの二人展がスタート。家にいられる時はひたすら、準備をすすめております。腱鞘炎はもう慢性化していて、
PCに文字を打つのも 少しゆっくりになってしまいました。そうすると、作業のこと、仕事内容を見直すようになり、これもまた、何か自分に必要なことだったのかな、と思えます。


盛夏に向けて、手ぬぐいの染めを急いでいただいている中で、ちょくちょくと染め屋さんとお話する機会があり、知っていることもあれば、初めて知ることも多々。注染のことは、まだまだ知らないことだらけです。
(染めてくださっている方々も、展示会を楽しみにしてくださっていて、頑張らなきゃ、と思いました。)


… そして、暮らしのこと、仕事のことを思う時、やはり今回の選挙はかなり重要だと感じています。投じることができる一票を持っている、という重さを、まだ投じることができない世代のこれからもその一票にかかっていると思うと、じっくりと考えてしまいます。
介助があってようやく期日前投票できた母を見ていて、選挙に行きたくても、状況や心身の理由で投票を諦めてしまっているひとも いるような気がします。
私は、もうすぐ閉校になる母校(小学校)が投票所なので、あえて期日前投票はせず、あの体育館に入れる機会を選びました。7月10日はもうすぐです。

咲き定まりて

「注染+松煙染め」手ぬぐいですが、第二弾も染め上がり、サイトにアップしましたところ、あるお店からご注文をいただきました。 まだ数量を多く作れていないので、卸販売は来年から、と思っておりましたが、扱いたいと思ってくださるお店があるようですので、在庫のあるものは、販売してまいります...