2016/11/30

「植物染め」手ぬぐいのはぎれセット

今月も今日で終わり。気温が高かったり、急に雪が積もったり、不思議な天候に少し体調を崩していますが、あと一ヶ月、そして来季に向けて頑張らないといけないところ。


…先週の雪景色は、11月なのに!と驚きつつも、美しい眺めでした。窓からの写真。



 

おかげさまで、新作「冬苺」と、「宿木」の新色が人気で嬉しいです。
思い入れのあるモチーフをかたちにして、それをご覧いただけること…、幸せな仕事をさせてもらっているなぁ、と感じます。


そして、先日発売の「植物染め」手ぬぐいのはぎれセット。私が染めたものや、バリ島ウブドで染めていただいたものなど、さまざまな色合いの植物染めをセットにし、それぞれ染材の植物名をシールで貼りました。受け取られたお客様からはたくさんのメッセージをいただきました。励みにして、また染めに挑んでいきたいです。



 


そして、大変お待たせしてしまいましたが、和紙のラッピングが復活いたしました。
箱の方は少しお休みですが、通常の包みは今までと変わりなく、手漉きの和紙でお包みいたします。これからの季節の贈り物に、手ぬぐいはいかがでしょうか。



 

今年も、浅見真州さんの公演のお手伝い。(11月5日 国立能楽堂)
お能というのは本当に奥深く、興味が尽きません。これからも、多くの舞台を拝見してみたいです。



 

咲き定まりて

「注染+松煙染め」手ぬぐいですが、第二弾も染め上がり、サイトにアップしましたところ、あるお店からご注文をいただきました。 まだ数量を多く作れていないので、卸販売は来年から、と思っておりましたが、扱いたいと思ってくださるお店があるようですので、在庫のあるものは、販売してまいります...