2017/04/25

イカラシチエ子さん。

なぜか藤棚が多い団地に住んでいるので、昨日あたりから開き始めた花に、つい目がいってしまいます。紫花を追うように白花が開花するのは週末くらいかな。


ゴールデンウィークも休まず営業です。イベント「パサール・クマンマン」のため、5月4日から7日は、出荷業務のみ お休みをいただきます。
今年もパサール・クマンマンは世界各地から美味しいもの、素敵な手仕事品を集めて賑やかに開催です。あひろ屋からは季節の柄の手ぬぐいほか、バリ島植物染め、はぎれセット、そして当店手ぬぐい生地を使ったベビーエプロン、帽子も並びます。




今月は、イベントが続いておりました。
一昨日は、稲城長沼駅の高架下でひらかれました「くらすクラス 1st Anniversary」に出店。
住まう地域を大切に思う方々との出会いで、改めて この多摩エリアに興味を持ったり、お声がけいただけたことに感謝しております。マルシェ、ライブ、オーケストラの生演奏、路上らくがき大会などなど…賑やかで、楽しいイベントでしたね。
いつもネットショップでお買い物くださっていたお客様とお目にかかったり、貴重なお話を伺うことができたり、出店されている方と地元情報で盛り上がったり、と楽しかったです。ご来場をありがとうございました。





そして、先週までは、名古屋タカシマヤさんでの「ひと手間のある暮らし展」でした。
会期中は休業したり、ご迷惑をおかけいたしました。私も設営から2日目までは名古屋へ。今回も素敵なモノ作りをされている方々やメーカーさんが出展されていて、再会したり、お話を伺ったり…と刺激をいただきました。また、昨年の出展時にお買い上げくださった方や、友人、知り合いも立ち寄ってくださり、ありがたかったです。







…タカシマヤさんの初日に、友人の訃報が届き、動揺しつつも、なんとか乗り切ることができました。ホテルに戻ってから泣き続けているうちに、朝に。そのまま2日目の売り場に立ちましたが、仕事があって、よかったです。そんな状態でも、手ぬぐいの説明をしたり、談笑することができました。(顔はむくんでいましたが。友人からは後日 『フワッとしてたよ』 と言われました。すみません…。)

家に戻ってきてからも、そして今も、思い出しては泣いて、彼女が縫ってくれた作品を眺め、たわいない会話を思い出しています。一緒に行きたかった場所、会いに行くはずだったひと、準備していたイベント(新潟で、”すててこ展2” を一緒にひらくはずでした)、叶わなかったことばかり。突然、遠い所へ行ってしまったようで、でも今までよりも、近くに感じていて、これからは心の中で一緒に生きていくんだな、と思いました。


大切なその友人というのは、服飾デザイナーのイカラシチエ子さんです。
二年前の今頃は、イベント「パサール・クマンマン」の準備をともに頑張っていました。楽しかったなぁ。仕事のことになると真剣で真面目で、やや頑固なチエ子さんでしたが、いつも周りを気遣って、優しくて、笑っていて、たくさんの夢を抱えていて、まっすぐに生きている美しいひとでした。
…  チエ子さん、また一緒に、いろいろやろうね。




咲き定まりて

「注染+松煙染め」手ぬぐいですが、第二弾も染め上がり、サイトにアップしましたところ、あるお店からご注文をいただきました。 まだ数量を多く作れていないので、卸販売は来年から、と思っておりましたが、扱いたいと思ってくださるお店があるようですので、在庫のあるものは、販売してまいります...